--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.08/13(Mon)

のぞみさんがうららちゃんLOVEな小説(1) 

前回の続きではなくて、のぞみさんサイドの話。
「うららちゃんが(略)」とおんなじところまでです。
だって続きの展開を考えてませんので!(堂々と言うな!)
プリキュアとか関係なくってナイトメアって何?みたいなだらだら展開で!!
何気ない日常が1番の幸せw
愛に性別は関係ないw
のぞうらサイコー!
がモットー。

明日は海へ行ってきます!
3年ぶりですよ!日焼け止めは必需品ですね!


【More・・・】

「のぞみさんっ♪ 明日いっしょに遊びに行きませんか?」
そう言ってうららが私を誘ってくれたのが金曜日の放課後のこと。
私はすぐにうんと返事をした。うららの誘いを誰が断るものですかっ♪
ふふ、うららとふたりっきりでどこかに行くのって久しぶり。
楽しみでちょっと気持ちが浮かれていたけれど、待ち合わせの時間はちゃんと聞いていた。えっへん。
「10時にナッツのお店に♪」って言ってすっごく嬉しそうに帰って行くうららが可愛くって印象に残ったって言うのもあるんだけどね。
そうしてうららと分かれた後はもう明日の事で頭がいっぱいだった。
何処へ行こうとか何を着ていこうとか、お家に帰ってご飯を食べてるときもお風呂に入っているときもずっと考えてて・・・。ZZZ...。

「う~ん・・・あれ!?」
気が付いたら朝だった。いつのまにか寝てしまったみたい。
カーテンを明ける。太陽の光がぽかぽか暖かくて、ことりのさえずりが耳に心地いい。
もうちょっと寝よう・・・ってそうだった。今日はうららと待ち合わせがあったんだ!
私はあわてて、昨日用意していた服に着替えて髪を直して・・・ああもうっ。
身支度もほとんど出来ないままに大急ぎでナッツハウスへ向かった。

本当に子供のころからおっちょこちょいと言うか抜けてると言うか。
えっと、ナッツハウスに着いたのは9時をちょっと過ぎた頃。
約束の1時間前。どうして時計を見ないかな・・・私。
それでも遅刻するよりはいいと思い店内で待つ事にした。

うららは約束の時間をちょっと過ぎてから慌てた様子で入ってきた。
「ごめんなさい・・・」って申し訳なさそうに言ううららが可愛くって、早く来て良かったと思ったのは内緒。もう、可愛いなぁ。
その後、今日はどこに行こうかって言う話になったから、昨日から考えていた駅前のケーキ屋さんへ行こうって言ったら、うららは快く「おっけ~ですよぅ♪」って言ってくれた。
ちょっと押し付けがましいかもって思ってたけど、ここにはどうしてもふたりっきりで行きたかったからほっとした。うららはやっぱり可愛くてやさしい。

それで今はうららとふたりで一緒にケーキ屋さんのテラスでお茶をしているの♪


公開してから思う。
止めておけばよかったかなと・・・。

スポンサーサイト
【編集】 |  22:17 |  ノベル(?)  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。